お菓子作りのプロ|手に職を持つ|調理師を目指すことのメリットとは

手に職を持つ|調理師を目指すことのメリットとは

レディ

お菓子作りのプロ

料理

調理師専門学校といえば、和洋中などの料理を主に思い浮かべる人は多いですが、調理師の中にはそういった料理の他にも、お菓子を作る製菓専門のコースがある場合もあります。いわゆる、パティシエです。なお、女性の場合はパティシエールといいますが、基本的にパティシエとは菓子職人全体のことを差すので女性の人をパティシエと呼んでも問題はありません。
パティシエと聞くと調理師に比べて少し軽んじられそうだと思う方もいますが、実際には違います。本場のフランスでは国家資格であり、日本でいう医師と同等の社会的地位があり、トップクラスのパティシエは絶大な人気を誇ります。従来の料理と同じく味を重視することも重要であり、それと同等に見た目にも配慮が必要なため美的センスも必要とされます。加えて、細かい作業と力仕事も多く、その作業量は従来の調理師に勝るともいわれています。日本では若手の男性が減少傾向にあるため、若手男性のパティシエの需要は高まりつつあります。
調理師専門学校によっては、パティシエに力を入れている学校は多いです。そのため、大手の調理師専門学校では製菓学科があるところが多く、講師もプロのパティシエが講義を行っている場合が多いです。前述したように、パティシエというのは美的感覚も要求される調理師であるため、プロの技術をすぐ近くで学べる調理師専門学校は非常に有意義な時間を過ごすことができます。なお、フランスでは国家資格ですが、日本ではパティシエになるには資格は必要ありません。しかし、菓子製造技能士という国家資格が存在します。