手に職を持つ|調理師を目指すことのメリットとは

調理の修行を積んで夢の扉を開いていこう

どんな料理人になるか

包丁と食材

調理師を目指す時に重要なのは、料理のジャンルです。和食、洋食、中華など料理のジャンルは様々であり、専門学校を探すときにはそのジャンルに特化した学校を探しましょう。

詳細へ

調理師免許が必要な食材

コック

ふぐは、調理師免許がなければ調理することは法律で禁じられている魚であり、知識がないまま捌いて食べると非常に危険です。調理師専門学校では、カリキュラムをこなせばふぐ調理師免許がもらえる学校もあります。

詳細へ

料理人の道

料理する人

調理師は、今後も需要がなくならない職業の一つです。材料を焼き、茹で、揚げ、味付けをして料理を作る。料理は今後も人が必要とし続ける技術であり、調理師としての腕を磨けば将来食いっぱぐれる事はないといえます。調理師を目指す場合、重要なのは味の安定です。調理師として修行をしなくても、行程さえ学んでいれば大抵の場合料理を作るのはそこまで難しいことではありません。しかし、味に関しては全く別の話であり、料理の訓練を積んでいない人間が作った料理は味が安定しないことが多いです。しかし、調理師としての修行を積んだ人間が料理をした場合、味は常に高品質なものが出来上がり、安定して美味しい料理を味わうことができます。レストランや料亭では、こういった安定して高品質な味を出せる人材が重宝される傾向にあり、その技術をみにつける最短の方法が、調理師専門学校に通うことです。
調理師を目指す人間は日本全国どこにでも居るため、調理師専門学校は日本のどこにでもあります。もし、調理師を目指すために調理師専門学校に通うのであれば、重要なのは学校の実績と評判です。この2つが高ければ高いほどカリキュラムが充実していることが多く、講師陣も優れた講師が多いため、料理のスキルが上がりやすく、充実した勉強を受けることができます。また、そういった学校は就職にも強く、大手レストランからのスカウトを受けやすくなるのも人気専門学校の特徴と言えます。

お菓子作りのプロ

料理

調理師の専門学校の中には、料理ではなくお菓子を作るパティシエのコースが有る場合もあります。パティシエの作るお菓子は従来の料理とは違い、芸術的センスも強く要求される芸術家としての要素もある調理師です。

詳細へ